chi's。

chikomu.exblog.jp

カテゴリ:おいしいもの( 40 )

ラペ 三越前フレンチ シアワセなじかん



d0164185_16521751.jpg






今年のお正月ぶり、久しぶりにラペに行ってきた

お店のドアを開けて、地下への階段を下りるとき
今日はどんなお料理に出会えるのかなとワクワクする

スタッフの方の素敵な笑顔が出迎えてくれると
テンションもますます上がってくる





d0164185_16562822.jpg






一番最初のお楽しみ、今日はイチジクと最中^^
実はイチジクは飾りもので、最中がお料理
最中の中身は、イチジクとブータンノワール

ところどころにイチジクの甘さが感じられて
うーん、面白い!と今日も松本シェフの遊び心に見事遊ばれました^^

最中の中身は、こーんな感じ





d0164185_16564943.jpg







前菜の一皿目は、フルーツトマトのバジルのアイスクリームのせ
埼玉の榎本農園さんのトマトだそう
爽やかんバジルの香りにほんのり甘いアイスクリームは
ヨーグルトをベースにしているとのことで、これがお代わりしたいくらい美味しい!
どんどん食べていくと一番下に隠れていたビネガーの酸味にお口はさっぱり
ああ、こうきたかあ。。。と、またまた唸ってしまった




d0164185_17043059.jpg





ふた皿目の前菜は、パリパリのピザ生地に
牛肉をほぐしたもの、赤タマネギが載っている
パルメザンチーズの香りが食欲をそそる
南フランスのピサラディーナというお料理が、イタリアのピザとはまた別にあるようだ
パリパリの生地、おやつのよう^^







d0164185_17225181.jpg







トロなすと、白身魚、海ぶどうなどを酸味のあるジュレで和えたもの
甘みあるパプリカのクリームと一緒にいただくと至福のハーモニーが。。。♪
夏は酸味のあるお料理がやっぱり嬉しい。こちらもとっても美味しくてお代わりしたい!






d0164185_17304613.jpg







今日のメインは、大山鶏のファルシ
中には豚足が詰まってます。うん、コラーゲンでプルプルに^^
カラフルなお花畑のようなお野菜は、松本シェフの故郷、和歌山のお野菜たち
ブルーチーズのソースと、大山鶏のお出汁のソース、二種類のソースでいろいろな
お味が楽しめる。 お野菜はしっかりと土の香りのする力強さが溢れていて
お野菜のパワーをいただいているような気がした

お料理の素材選び、お料理方法、ソースのバリエーションと見た目のインパクト、
このお値段で最高のお料理を提供するためのいろんな知恵と工夫がラペのお料理には詰まっている
それが伝わってくるから、いつも感動してまた来たくなるのだと思う

そして最後の別腹のお楽しみ、デザートもいつも二種類用意されていて
そのどちらか一つに選べないくらいに魅力的なのも素晴らしい
 正直、少しずつでいいから両方いただきたい。。。と、いつも思う^^






d0164185_17405407.jpg







この日は、お誕生日会。お友達と二人分、お誕生日プレートを用意してくださった。
二人一緒でいいですとお伝えしたところ、別々でもできますよとの嬉しいお言葉を。。。
ではではと、甘えさせていただいた次第、田中マネージャー、ありがとうございました^^

いくつになっても嬉しいバースデープレートに、思わずにっこり
添えられたマカロンもチョコレートの飾り文字も可愛い♪







d0164185_17481912.jpg




そして、お楽しみのデザート、私が選んだのはこちら
マンゴー、パッションフルーツ、ココナッツをベースにした爽やかなデザート
はい、夏のデザートという感じで、いくらでも食べられそう^^







d0164185_18022867.jpg






お友達のデサートは、チョコレート、オレンジ、コーヒーゼリーと
コーヒー味のメレンゲが乗ったビターでオトナのデザート。
一口いただいたら、こちらもオレンジの香りが広がってとても美味しい
ああ、やっぱり両方いただきたいなあ

幸せなデザート、そして最後に可愛いフィナンシェとそろそろ別腹もお腹いっぱいに。。。
食後のお飲み物のほかに、熱いほうじ茶も出してくださるのが嬉しい




ずーっと行きたかった、人気のコースメニューである
ラペ、夏のお楽しみメニューの『桃のコース』も予約する
すごい、もうお席が埋まりつつあるなんて。。。。

松本シェフの故郷、和歌山:あらかわの桃を使ったスペシャルメニューとあって
今からもうワクワク。。。テンション上がってくる私たち。

いつものように、素敵なお土産と素敵な笑顔のお見送りをいただいて
一つで前の曲がり角を曲がり私たちで会った
本当に幸せな時間を過ごせる私たちの「楽園」ラペである

また明日から、頑張ろうって思う。。。





その他のラペの記事は
2014年11月25日の記事は こちら→☆
2015年1月に記事は こちら→☆
2015年9月の記事は こちら→☆



La paix(ラペ)

ランチ11:00〜15:00(13:30OS)
コース 3500円 5000円
(税込、サービス料別10%)

ディナー18:00〜23:00(21:00OS)
コース10000円(お任せコース)
(税込、サービス料別10%)


〒103-0022
東京都中央区日本橋室町 1-9-4 B1
電話番号 03-6262-3959

銀座線・半蔵門線 三越前より徒歩2分
定休日 水曜日

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13173559/

表現に限界があり、何でも美味しいの一言しか出ない
この乏しい表現力が・・・。詳しくは食べログの口コミで^^





[PR]
by chikomu | 2016-07-01 18:05 | おいしいもの

ラペ 三越前フレンチ 極上のじかん


この日はお友達との忘年会で
大好きなラペにお邪魔する

一眼レフがお留守番なので、すべてiPhoneでの撮影
備忘録として、画像だけをアップしておく





d0164185_18354663.jpg





d0164185_18361418.jpg





d0164185_18384084.jpg









d0164185_18374543.jpg









d0164185_18380307.jpg









d0164185_18370796.jpg








d0164185_18382207.jpg








d0164185_18395301.jpg








d0164185_18401157.jpg








可愛いカメラのプレートに感動!!!
いつも素敵なプレートをありがとうございます。

この日はBのコースをいただく
お魚とお肉と両方いただいてシアワセ。。。。
この季節ならではのジビエ、大好きな蝦夷鹿、最高!!!
見事な火入れ、この美しい断面、シアワセです。





見ていただいてありがとうございました。応援していただけたらウレシイです。にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chikomu | 2015-12-04 18:29 | おいしいもの

ラペ La paix 」・・・三越前 フレンチ <2015.9月>


あいにくの雨。。。

今日は、いつものメンバーで、久しぶりのランチ会

お店は、やっぱりコチラ、日本橋・三越前のフレンチ『La paix』(ラ・ペ)

いつものランチのコースをいただきました。





d0164185_20102442.jpg





トマトの旨味がぎゅーっと詰まった温かいファーブルトンのアミューズ
遊び心満載、土に見立てた四角いプレートにちょこんと乗っています。
ラペのお馴染みの可愛いアミューズです。


ワインはグラスで、コート・ヂュ・ローヌの赤をお願いしました。
程よいコクがあって、とても美味しい。





d0164185_18370730.jpg





もうひとつのアミューズは・・・

ブータンノワールがサクっとした生地の上に
乗っていて、濃厚でこれから始まるお料理への
期待が深まる一品。






d0164185_18362662.jpg





前菜一皿目

魚介のタルタル・・・
セロリのムースとホタテのお出しのジュレの中に
白身のお魚と貝がコロコロと入っている。
夢のようないろんなお味のコラボレーション。




d0164185_18531785.jpg


d0164185_20050821.jpg








マティエールのようなタルタルを思い浮かべていたけれど
もっと繊細で、上品な美味しさ。

松本シェフの味覚の玉手箱的な前菜には、いつも驚きと感動を覚えます。






前菜二皿目

カツオのたたき風のような?
ラディッシュが可愛らしいお洋服のよう

酸味の効いたソースでさっぱりといただきます。
先程のしっかりしたお味のあとに、この爽やかさ。
いいですね。言うまでもなく美味しい!




d0164185_19030590.jpg



d0164185_19032552.jpg






そして今日のメイン

プラス1000円で、お店のスペシャリテ
「熟成銘柄豚のロースト 藁の瞬間燻製仕立て」をオーダー。
こちらは、満州豚とルイビ豚を掛け合わせた豚ということで、
2名以上の注文かつ原則ランチ限定とのこと。以前、こちらを頼んだ友達が
すっごく美味しいというオススメだったので、こちらを。。。





d0164185_19314318.jpeg







この美しいピンク色のお肉。。。脂身の甘さがとても上品で絶品。
この豚の旨味はこの脂身にあるのだと実感する。
付け合せのお野菜も彩りがすごくキレイ。
お野菜の中にも詰め物が。。。うーーーん、美味しい!





デザート

抹茶のムースか梨のコンポートか・・・

その前に、お誕生日のお祝いとして、お店からのお祝いプレートが登場。
カ・ワ・イ・イ・・・♪
全部手書きで用意してくださったとのお話に、みんなで感激。
そして、この絵を描いてくださったパティシエ?の方が超イケメンで
笑顔が爽やか。。。もちろん、みんなで感激〜^^

キャンドルを吹き消す友達にも喜んでいただけて、良かった!





d0164185_19381573.jpg






d0164185_19411345.jpg




どちらも、美味しい〜♪
中にはお楽しみがいっぱい!


d0164185_19454626.jpg





飲み物をいただいた後、お店の方からの熱いほうじ茶が
サービスされました。この心遣いが嬉しい。
話が尽きないけれど、そろそろおヒラキに。。。

お茶菓子でいただいたフィナンシェとくるみのお土産をいただき
いつものように松本シェフが雨の中を入り口のところでお見送りして
くださいました。角を曲がるまでずっと。。。。
申し訳なくて、いつも最初の角を曲がってしまう私達です。
この松本シェフのあったかいお人柄とお料理に感動して、またこのお店に
来たくなるんだなあっていつも思う。

ごちそうさまでした。。。


<ちょっと、ヒトコト>
帰宅してから食べログを見てわかったのですが、Aコース3500円にプラス1000円で
スペシャリテの豚さんをいただくよりも、プラス1500円にして
最初から、Bコース5000円をいただく方がお得感いっぱいです。
Bコースなら、最初からこのスペシャリテが選べるようになっていますし、お料理の内容も
とても充実していて満足度が高いです。私達はそこに気がつきませんでした(^^ゞ



前回のラペ訪問記事(2015年1月)→コチラ

前々回のラペの訪問記事(2014年11月)→コチラ




見ていただいてありがとうございました。応援していただけたらウレシイです。にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chikomu | 2015-09-09 20:20 | おいしいもの

ロアラブッシュ(ミュージアム1999ロアラブッシュ)



d0164185_16281142.jpg





表参道駅から、歩くこと10分かからず、ここフレンチレストラン
『ロアラブッシュ』に到着。青山学園のほぼ裏手にあたる位置。

きょうは、学生時代の友人達との記念の集まりにこちらのお店を選択。
お祝いに相応しく、お店の雰囲気を一番に考えてこちらに伺うことにした。





d0164185_16440524.jpg




建物は、昭和初期のアール・デコ様式の洋館で、煙草商で財を成した
資産家・千葉直五郎氏の御子息・千葉常五郎氏と
鍋島家令嬢・京子女史の結婚を祝して建てられた住居用邸宅。





d0164185_16445365.jpg




そちらを1980年代に会員制クラブとして新しく生まれ変わったお店が
こちら。今は一般の人にもフレンチレストランとして開放されている。
館内は、いたるところにアール・デコの父、エルテの作品が飾られていて
ミュージアムにもなっている。





d0164185_16451540.jpg





私達は、7人で賑やかになることが予想されていたため
他のお客様にご迷惑にならないようにと、2階にある個室を
利用するコースをお願いしていた。
ブルーを基調にした落ち着いたお部屋からはは中庭が見下ろせる。





d0164185_16505209.jpg


d0164185_17084607.jpg









始まりは、写真を撮る余裕がないまま始まってしまったので
これは宴の後のテーブル。。。

まずは、シャンパンで乾杯!




d0164185_16544103.jpg





そして、アミューズ。。。




d0164185_16570577.jpg




前菜



d0164185_17041484.jpg



d0164185_17045255.jpg




メインお魚


d0164185_17052793.jpg




メインお肉




d0164185_17061006.jpg




デザートとお誕生日のメッセージ



d0164185_17065309.jpg




d0164185_17080853.jpg





お部屋に飾られたエルケの作品


d0164185_17092549.jpg




こちらは、特別に見せていただいた
メンバーズルームのテーブル


d0164185_17101439.jpg




重厚なバーカウンター



d0164185_17123327.jpg



光溢れる、窓辺のシート


d0164185_17145490.jpg





今度は階段を降りて、1階にあるお部屋を見学




d0164185_17160136.jpg



庭園美術館と同じようなラジエーターカバー




d0164185_17172495.jpg



地下のワインセラーへ続く階段の扉




d0164185_17180964.jpg





とても接客がきめ細やかで、素晴らしい。
なにしろ今回は雰囲気を重要視したのでお料理は
それほど期待はしていなかったのだが、どれも美味しく
彩りも美しくて目もお腹も両方楽しませていただいた。
また来たいと、思うお店はずっと心に残っていくが
そうではないお店は、何をいただいたかも記憶に残らない気がする。
ちょっとした集まりや、何かの記念日に訪れるのに最適。


今回は、「平日個室プラン」を利用
【料金】お一人様:7,200円 (税・サービス料は別途)

【ランチコース5,000円(庭のふくろう達)+シャンパーニュ+ミネラルウォーター+個室料を含む】



お店のHPはコチラ→  レストラン・ロアラブッシュ  





見ていただいてありがとうございました。応援していただけたらウレシイです。にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chikomu | 2015-05-29 22:35 | おいしいもの

日本橋フレンチレストラン「La paix ラペ」 再訪 <2015.1月>



いつもの仲間との新年会は、私のイチオシで

日本橋のフレンチレストラン 「La paix」に決定。
年内に予約を入れておいた。




d0164185_05202890.jpg




昨年11月以来、2度目のランチ。
お店はこの前日からの営業だそう。


前回、撮っていなかったお店の入り口と階段





d0164185_05201227.jpg




この扉を開けると 地下への階段が現われる

下りた場所の奥のスペースがクローク
ここでコートを預けて店内に入る




d0164185_05205803.jpg






今回は前回よりメインが一品少ない、3500円のコースをいただく。
お席はちょうど、厨房の真横なので、中の様子がよく見えます。







d0164185_06481462.jpg






グラス類が収納されたガラスケース

あのオシャレなフルートグラスも。。。






d0164185_06493167.jpg





d0164185_02322937.jpg






今日は、アルコールを控えているので「ジンジャエール・ドライ(辛口)」で。
すっきりした辛口は、食中でも美味しくいただけた。他には甘口も用意されている。






d0164185_05293388.jpg





まず最初は、アミューズ。いろいろなお楽しみとして・・・

豚のリエットが入ったプチ・シューとパプリカのサブレ。
どちらも手に取ると、まだ温かい。このアミューズ大好き。
雪に見立てた白い粉、遊び心いっぱいのラペらしい演出。





d0164185_05322149.jpg





そして、毎回お楽しみなのが、バターと一緒に並んでいるフロマージュ・ブラン。
今回は、レモンと生姜。香りがいいし、さっぱりしていて、パクパク。
パンがあっという間になくなっていく。バターも四つ葉で美味しい。







d0164185_06180666.jpg






前菜、一品目は・・・「白レバーのパテ」
くず餅のような見た目で、和菓子のように供される。
ワインが欲しくなる〜。





d0164185_05392960.jpg




次ほrは、越前ガニのスープ。
カニの旨味が、ギュ~ッと詰まった濃厚なお味。
美味しくてって、もっとお替わりしたくなるくらい。
添えられたパイと一緒にいただく。


敷かれたバームクーヘンのようなプレートは
時間がたって、割れ目ができてしまったそう。
いろんな時に使えそうと、主婦目線の話が弾む。






d0164185_06351546.jpg





前菜2品目は、ホロホロ鳥のタルタル。
ホロホロ鳥とアボガドのタルタルに貝のジュレ。
一番上は蕪のムースでクリームのように覆われている。
食べ進むと、中からは梨と鮟肝がひょっこりと現われる。
この2つの食感と味のバランスが絶妙。
大根のソースと共に、全部の味がミックスされて口に中で調和する不思議。






d0164185_06062404.jpg





松本シェフのこの前菜シリーズには、毎回ワクワクさせられっぱなし。
大胆で繊細で、そしてドラマティック。。。今回は見た目もカワイイ。
雪の中で、みつけた春の芽吹きをイメージされたとか。。。
小さなスプラウトと、なでしこの花びら、テーブルに運ばれた瞬間全員で「カワイイ〜!」





d0164185_06081574.jpg





そして、ついに今日のメインが登場。
今日は、お肉をチョイス。
しっかりしたお味のブータン・ノワール。
添えられたお野菜の名前、結局覚えられず。
家に帰ったら、もう忘れていました。
スタッフの方が何度も丁寧に教えてくださったのにね。

お皿の空間をいかした盛り付け方がとってもアート。
やっぱり赤が欲しくなるお料理。。。





d0164185_06202958.jpg







ラストはもうひとつのお楽しみのデザート。
2種類選用意されていて


・ホワイトチョコレートのムース、金柑入り、抹茶のソースをかけて。
添えられたアイスクリームは、なんと蕗の薹のアイスクリーム。
味見をさせてもらったら、苦味があってこのアイスクリームが最高だった。





d0164185_06424859.jpg




もうひとつは。。。

・苺のカリカリがたくさんかかった、甘酸っぱいデザート。
 柚子の温かいエクレアを添えて。。。(名前が↑しか覚えられませんでした)







d0164185_06455566.jpg





そして、美味しいコーヒーと、ひとくちサイズのフィナンシェ。
最後はほうじ茶が出されます。
このほうじ茶をいただくと、すーっと消化していくような感じ。
お茶の力って、すごいですね。

最後は松本シェフと支配人が階段を上がって表までお見送りをしてくれました。
いつも角を曲がるまで、挨拶してくれるのが本当に嬉しくて
また、今度はいつにしようかなと思ってしまうんですよね

そうそう、お土産にお店で出されたフィナンシェをいただきました。
幸せの余韻が、こうしてずーーーーーっと続きます。


来月、また予約してしまいそう〜♪

美味しいお料理、ごちそうさまでした。


前回、2014年11月の記事はこちら→☆
最新、2015年9月の記事はこちら→☆


見ていただいてありがとうございました。応援していただけたらウレシイです。にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chikomu | 2015-01-16 07:06 | おいしいもの

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション » Joel Robuchon







d0164185_22094693.jpg







d0164185_22103262.jpg







丸の内‥ブリックスクエアにある shop





やっぱり、ここのケーキは裏切らない


大好きなルージュ。。。。


フランボアーズとピスタチオ、そしてチョコレート


3層からなるムースが、お口のなかで三位一体となって


とろけていく幸せ。。。


娘が、三位一体となった時、八角が香るって言ってたけど


これが本当に八角のあの独特な味がふわ〜って香るのが不思議。



ホワイトチョコレートのツリーもめっちゃ可愛い!

見ている幸せ、いただく幸せ。。。。


やっぱりケーキって、こうじゃなくっちゃ!!!








見ていただいてありがとうございました。応援していただけたらウレシイです。にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chikomu | 2015-01-08 22:15 | おいしいもの

ラペ La paix ・・・三越前 美味しいフレンチ







『 La paix 』



ラペ フランス語で 平和






a0271251_18410858.jpg






2014年10月8日



そんな素敵な名前のフレンチレストランが

東京・日本橋・三越前に オープンしました。






a0271251_18482156.jpg




同じ日本橋にあるフレンチレストラン

「Au gout du jour merveille オーグードゥジュール メルヴェイユ」

いつも美しく、美味しいお料理とワインで楽しませてくれた

松本シェフが田中支配人と共にこのたび、独立。


今回初めて、娘の正式内定祝い?のため、みんなでランチをいただきに伺いました。





a0271251_19061741.jpg





ご自身では初めてのお店とあって、いろいろなこだわりが。。。


カトラリーは ポルトガルのクチポール

こっぽりしたグラスは スガハラ硝子

背の高いフルートグラスは 木村硝子


プレート類は有田焼きで揃えているそう。






a0271251_19173173.jpg





ランチは、2種類のコース。(3500円、5000円 税込み・サービス料別10%)

今回はお祝いだったので、5000円のコースをいただくことに。
ちなみに3500円のコースは、メインに魚かお肉かひとつ選びます。

そしてワインは、乾杯のシャンパーニュ、白、白、赤 でお願いしました。






a0271251_19232944.jpeg




まず、アミューズは 土の上に赤い落ち葉(土はにせものとか)
豚肉の温かいリエットを詰めたプチ・シュー、そしてサクサクの赤ピーマンのサブレ

こうした遊び心いっぱいの松本シェフのお料理は、何が出てくるのかワクワク感いっぱい。





前菜 その1

a0271251_19442832.jpg



フォンダン、ホタテ・ウニ・本当はツブ貝が入るところ
娘が苦手なので、ホタテを増量してくださいました^^ 
柚子のエスプーマソースとジュレが爽やかに香るひと品、こちら、すっごく美味しい。
ハート型がカワイイ葉っぱは、あのオキザリス。葉っぱは食べられるのね。
いろいろな食材が主張しつつも、絶妙なバランスで溶け合うよろこび。。。





前菜 その2

a0271251_20050458.jpg



かにみそのフラン(茶碗蒸しのようなもの)とタラのクロケット

かにみそのコクがクリーミーなフランの中にかくれんぼ。
アツアツのクロケットは外はサクサク、中はほっくり、うまし。

後ろに見えているのは、四つ葉バターとオリーブのムース



前菜 その3

a0271251_20203511.jpg




信州サーモンのミキュイ。少しだけ燻製にしてあるので、
スモークされた香りがふわっと香る。
柔らかくてとろけるように美味しい。
信州サーモンはみんな大好きなので口元ほころぶ〜。

蕪と自家製のからすみ(こちらがとても美味しかった、日本酒ほしくなるねと。)
添えられた葉っぱは、お口直しの役目かな。何の葉っぱだったのか、失念。






メイン・お魚のお皿

a0271251_20392398.jpg




クロソイのポワレと、レンコンで大根餅を挟んだ一品。

軟葱のエスプーマ仕立てのスープと一緒にいただくと、幸せ〜。
この中の大根餅は、食感が本当に中華の大根餅のようで
モチモチしていて美味しかった。お魚もパリっとしていている。






いよいよお肉・・の、前に赤を


a0271251_23134538.jpg






メイン・お肉のお皿

a0271251_21092604.jpg




蝦夷鹿のグリル。牛蒡とちりめんキャベツを添えて。
みんなジビエが大好きなので迷うこと無く鹿さんを選ぶ。
また全員同じお料理がならぶ、ならぶ、ならぶ。
結局最後の最後まで、それぞれ同じお料理をいただきました。

セロリのソースと柿の木茸のソース、2つの個性の違った
ソースでいただくと、二度おいしい。
特にセロリのソースは香りが豊かでみんなのお気に入り。
鹿肉は特注のナイフ(高村刃物)で、豪快に切っていただく。
フレンチでナイフがこういう感じで出されるところ、増えてきたね。
赤味はレアでお肉の味がしっかり、脂身は甘くてジューシー。
深みのある赤との相性は、言うまでもなく・・・。
この赤は、まっこと美味しゅうございました。

冬のフレンチの楽しみは、ジビエがいただけることですね。
あのカワイイ鹿さんを思い浮かべてはいけません(>_<)





デザート その1


a0271251_13514039.jpg





松本シェフのスペシャリテである
『韃靼そばのブラマンジェ& ゲランド塩アイス』に
オリーブオイルをかけて。。。

このデザートに会いたくて。やっぱり美味しい!
いくらでも食べられてしまう。





デサート その2

a0271251_21543451.jpg




富有柿と有田みかんのデザート。
紫色の硝子のお椀に盛られて登場。
泡泡のエスプーマは山椒とのこと。
味の異なる素材が醸し出すハーモニー♪

デザートは2種類用意されているけど
どちらも美味しそうで選ぶのが大変。

コーヒーの他に紅茶、ハーブティーが用意されていて
最後には なんとシメの香ばしいほうじ茶が出されます。
食後のほうじ茶は、消化を助ける働きがあるので有り難いですね。

プティ・フルールには、ほうじ茶のフィナンシェひとつ。
こちらと同じものが、お見送りの時にお店からの
おみやげとして、シェフご本人からプレゼントされます。


このお値段で、これだけのお皿が登場するなんてびっくり。
もうお腹いっぱい、大満足のランチとなりました。
休日のランチは比較的予約でいっぱいになるそうですが
平日なら年内もお席の確保は、まだ大丈夫そう。

そのうち、メルヴィーユ同様にマダムでいっぱいのお店に
なること間違いないこちらのお店。これからが楽しみです。


松本シェフと田中支配人が、お店の外までお見送りしてくださいました。
松本シェフは、メルヴィーユ時代と同じように、角を曲がって私たちの
姿が見えなくなるまで、ずっとお店の前でお見送りされていました。
こういう心配りにグッと来て、今度はいつ行こうかなあと思う帰り道。

美味しいお料理とワイン、ごちそうさまでした^^

あの優しい笑顔と美味しいお料理に誘われて、忘年会はここで決まり!?


その他のラペの記事は

次回、2015年1月に記事は こちら→☆
最新、2016年6月の記事は こちら→☆



La paix(ラペ)

ランチ11:00〜15:00(13:30OS)
コース 3500円 5000円 ※(2018年現在、ランチは5000円のコースのみ)
(税込、サービス料別10%)

ディナー18:00〜23:00(21:00OS)
コース12000円コースのみ
(税込、サービス料別10%)


〒103-0022
東京都中央区日本橋室町 1-9-4 B1
電話番号 03-6262-3959

銀座線・半蔵門線 三越前より徒歩2分
定休日 木曜日


食べログ

表現に限界があり、何でも美味しいの一言しか出ない
この乏しい表現力が・・・。詳しくは食べログの口コミで^^

2018年7月から定休日が木曜日に変更されています。
お店のHPを必ずご確認くださいませ。





[PR]
by chikomu | 2014-11-25 21:07 | おいしいもの

神楽坂 たかさご (日本蕎麦)

d0164185_291153.jpg




d0164185_1384960.jpg









昨日はともだちとランチで神楽坂へ


牛込交差点をもう少しまっすぐ行ったところに

日本蕎麦「たかさご」さんがある。



きょうは日頃のお礼にと お友達が選んでくれたお店で

お蕎麦のコースをいただくことに・・・



最初のお通しから、もう日本酒にばっちりのお料理。

白子のポン酢。そば味噌。もずく酢。どれも美味しい。

日本酒は、愛知のみりんで有名な 甘強酒造の四天王・いっこく純米を常温でいただく。


飲みやすいまろやかな味わい。うん、美味しい。


次は、すっぽんの椀物。おもちが入っていて お出汁がでていて美味しい。

すっぽん生まれて初めていただいた。とってもコラーゲンなり。


次はお造り。大間の本マグロとヒラメ、そして肉厚のホタテ。

う~~~ん、さすが大間だけあって美味しい! シアワセ〜!


次は、蕎麦がき。もっちりしていてこちらも美味しい。

あっという間に食べ終わるわたし。


久しぶりの再会に 話も弾む。。。。


そして次は ぶり大根。大根によく味が染みている。

ぶりも美味しい。お魚がいいんだと分かる感じ。


そして、次は揚げ物で 野菜の天ぷら。

シシトウ、まいたけ、サツマイモ、残りは失念

天ぷらは少々油っぽかったのが残念。



ついに最後は 十割そば。細めのきれいな蕎麦がせいろで登場。

のどごしもよくて、しっかりしていて、香りもいい。

私の好きなタイプのお蕎麦だった。


最後の水菓子は 大きな梨。この季節にもあるんだ。。。と驚く。

洋なしのようで、柔らかくフルーティー。


お店の中は撮らなかったが、こじんまりしていて

落ち着いた雰囲気のお店。

今度は単品で、普通のお蕎麦をいただいてみたい。


神楽坂は いつもフレンチやイタリアンばかりなので

たまには、こうしたお店もいいなあと思った。

おとなの神楽坂、すてきなお店に連れて行ってくれてありがとう。


この後、すぐそばのタリーズお茶してから 亀井堂でクリームパンを購入。

神楽坂を散策してメトロへ・・・・。

とてもシアワセいっぱい、お腹いっぱいの土曜日だった。







見ていただいてありがとうございました。
応援していただけたらウレシイです。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chikomu | 2014-01-20 02:02 | おいしいもの

ラ・マティエール La Matiere 神楽坂 フレンチ

d0164185_17181370.jpg




お友達との忘年会を兼ねたお食事会

やっぱり締めは、コチラってことで・・・。


神楽坂のフレンチ ラ・マティエール。

12月で しかも5人という人数のため、1ヶ月前に予約。


Wineコルクのツリーがカワイイ♪


d0164185_2342744.jpg


d0164185_1720404.jpg



前菜

d0164185_2344617.jpg




何回来ても、前菜はこの海の幸のタルタルを頼んでしまう。

この高さ、この魚介のプリプリ感、ビネガーの酸味がたまらない。

これとパンと白ワインだけで、大丈夫!ほんと、美味しい!!!

この他の前菜を食べたことがないので、他のお料理が分からず。。。


スープは 蕪のポタージュ。優しい優しいお味。



メイン

d0164185_2351125.jpg




お肉は黒毛和牛頬肉の赤ワイン煮込み

ほろほろとお肉が口のなかで崩れていきます。


いつ来ても、何回食べても美味しいと思うこちらのお料理。

なかなか他のお店に行きたくなくなってしまう。



いつもの様に、池田シェフがお見送りしてくださった。

今度はいつにしようかなと思いを巡らす至福のLunch。






見ていただいてありがとうございました。
応援していただけたらウレシイです。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chikomu | 2013-12-12 22:25 | おいしいもの

ボジョレー・ヌーボー



d0164185_1255986.jpg



d0164185_1281278.jpg



d0164185_1282529.jpg







お日様がしずんだら


さあ 乾杯!!!







見ていただいてありがとうございました。
応援していただけたらウレシイです。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chikomu | 2013-11-21 20:23 | おいしいもの