chi's。

chikomu.exblog.jp

ラペ La paix ・・・三越前 美味しいフレンチ







『 La paix 』



ラペ フランス語で 平和






a0271251_18410858.jpg






2014年10月8日



そんな素敵な名前のフレンチレストランが

東京・日本橋・三越前に オープンしました。






a0271251_18482156.jpg




同じ日本橋にあるフレンチレストラン

「Au gout du jour merveille オーグードゥジュール メルヴェイユ」

いつも美しく、美味しいお料理とワインで楽しませてくれた

松本シェフが田中支配人と共にこのたび、独立。


今回初めて、娘の正式内定祝い?のため、みんなでランチをいただきに伺いました。





a0271251_19061741.jpg





ご自身では初めてのお店とあって、いろいろなこだわりが。。。


カトラリーは ポルトガルのクチポール

こっぽりしたグラスは スガハラ硝子

背の高いフルートグラスは 木村硝子


プレート類は有田焼きで揃えているそう。






a0271251_19173173.jpg





ランチは、2種類のコース。(3500円、5000円 税込み・サービス料別10%)

今回はお祝いだったので、5000円のコースをいただくことに。
ちなみに3500円のコースは、メインに魚かお肉かひとつ選びます。

そしてワインは、乾杯のシャンパーニュ、白、白、赤 でお願いしました。






a0271251_19232944.jpeg




まず、アミューズは 土の上に赤い落ち葉(土はにせものとか)
豚肉の温かいリエットを詰めたプチ・シュー、そしてサクサクの赤ピーマンのサブレ

こうした遊び心いっぱいの松本シェフのお料理は、何が出てくるのかワクワク感いっぱい。





前菜 その1

a0271251_19442832.jpg



フォンダン、ホタテ・ウニ・本当はツブ貝が入るところ
娘が苦手なので、ホタテを増量してくださいました^^ 
柚子のエスプーマソースとジュレが爽やかに香るひと品、こちら、すっごく美味しい。
ハート型がカワイイ葉っぱは、あのオキザリス。葉っぱは食べられるのね。
いろいろな食材が主張しつつも、絶妙なバランスで溶け合うよろこび。。。





前菜 その2

a0271251_20050458.jpg



かにみそのフラン(茶碗蒸しのようなもの)とタラのクロケット

かにみそのコクがクリーミーなフランの中にかくれんぼ。
アツアツのクロケットは外はサクサク、中はほっくり、うまし。

後ろに見えているのは、四つ葉バターとオリーブのムース



前菜 その3

a0271251_20203511.jpg




信州サーモンのミキュイ。少しだけ燻製にしてあるので、
スモークされた香りがふわっと香る。
柔らかくてとろけるように美味しい。
信州サーモンはみんな大好きなので口元ほころぶ〜。

蕪と自家製のからすみ(こちらがとても美味しかった、日本酒ほしくなるねと。)
添えられた葉っぱは、お口直しの役目かな。何の葉っぱだったのか、失念。






メイン・お魚のお皿

a0271251_20392398.jpg




クロソイのポワレと、レンコンで大根餅を挟んだ一品。

軟葱のエスプーマ仕立てのスープと一緒にいただくと、幸せ〜。
この中の大根餅は、食感が本当に中華の大根餅のようで
モチモチしていて美味しかった。お魚もパリっとしていている。






いよいよお肉・・の、前に赤を


a0271251_23134538.jpg






メイン・お肉のお皿

a0271251_21092604.jpg




蝦夷鹿のグリル。牛蒡とちりめんキャベツを添えて。
みんなジビエが大好きなので迷うこと無く鹿さんを選ぶ。
また全員同じお料理がならぶ、ならぶ、ならぶ。
結局最後の最後まで、それぞれ同じお料理をいただきました。

セロリのソースと柿の木茸のソース、2つの個性の違った
ソースでいただくと、二度おいしい。
特にセロリのソースは香りが豊かでみんなのお気に入り。
鹿肉は特注のナイフ(高村刃物)で、豪快に切っていただく。
フレンチでナイフがこういう感じで出されるところ、増えてきたね。
赤味はレアでお肉の味がしっかり、脂身は甘くてジューシー。
深みのある赤との相性は、言うまでもなく・・・。
この赤は、まっこと美味しゅうございました。

冬のフレンチの楽しみは、ジビエがいただけることですね。
あのカワイイ鹿さんを思い浮かべてはいけません(>_<)





デザート その1


a0271251_13514039.jpg





松本シェフのスペシャリテである
『韃靼そばのブラマンジェ& ゲランド塩アイス』に
オリーブオイルをかけて。。。

このデザートに会いたくて。やっぱり美味しい!
いくらでも食べられてしまう。





デサート その2

a0271251_21543451.jpg




富有柿と有田みかんのデザート。
紫色の硝子のお椀に盛られて登場。
泡泡のエスプーマは山椒とのこと。
味の異なる素材が醸し出すハーモニー♪

デザートは2種類用意されているけど
どちらも美味しそうで選ぶのが大変。

コーヒーの他に紅茶、ハーブティーが用意されていて
最後には なんとシメの香ばしいほうじ茶が出されます。
食後のほうじ茶は、消化を助ける働きがあるので有り難いですね。

プティ・フルールには、ほうじ茶のフィナンシェひとつ。
こちらと同じものが、お見送りの時にお店からの
おみやげとして、シェフご本人からプレゼントされます。


このお値段で、これだけのお皿が登場するなんてびっくり。
もうお腹いっぱい、大満足のランチとなりました。
休日のランチは比較的予約でいっぱいになるそうですが
平日なら年内もお席の確保は、まだ大丈夫そう。

そのうち、メルヴィーユ同様にマダムでいっぱいのお店に
なること間違いないこちらのお店。これからが楽しみです。


松本シェフと田中支配人が、お店の外までお見送りしてくださいました。
松本シェフは、メルヴィーユ時代と同じように、角を曲がって私たちの
姿が見えなくなるまで、ずっとお店の前でお見送りされていました。
こういう心配りにグッと来て、今度はいつ行こうかなあと思う帰り道。

美味しいお料理とワイン、ごちそうさまでした^^

あの優しい笑顔と美味しいお料理に誘われて、忘年会はここで決まり!?


その他のラペの記事は

次回、2015年1月に記事は こちら→☆
最新、2016年6月の記事は こちら→☆



La paix(ラペ)

ランチ11:00〜15:00(13:30OS)
コース 3500円 5000円 ※(2018年現在、ランチは5000円のコースのみ)
(税込、サービス料別10%)

ディナー18:00〜23:00(21:00OS)
コース12000円コースのみ
(税込、サービス料別10%)


〒103-0022
東京都中央区日本橋室町 1-9-4 B1
電話番号 03-6262-3959

銀座線・半蔵門線 三越前より徒歩2分
定休日 木曜日


食べログ

表現に限界があり、何でも美味しいの一言しか出ない
この乏しい表現力が・・・。詳しくは食べログの口コミで^^

2018年7月から定休日が木曜日に変更されています。
お店のHPを必ずご確認くださいませ。





[PR]
by chikomu | 2014-11-25 21:07 | おいしいもの